転職 30代

30代ならではの能力で転職

転職,30代

30代になってから転職をしたいと考えると、果たして遅すぎはしないだろうかと考えてしまいがちです。確かに、企業は新卒者を大々的に採用するものであり、若い人を好む傾向にあります。しかし、30代まで職をもっていた人と20代前半まで学生をやっていた人という比較をした際に、もっている社会経験の量や仕事を行ってきた量に大きな差異があります。特にもし専門性が必要とされる業種で勤めてきたのであれば、転職者を採用する側としては即戦力となる人材を手に入れられるということになりますので、むしろ歓迎されうるということを忘れてはなりません。また、30代というのはまだ脳も身体も若く、これから学ぼうという向上心がある人であれば十分に新しい技術や能力を習得することにも差し支えありません。気持ちの若さと向上心を面接で見せることができれば、転職に際して年齢がネックとなることはないのです。むしろ、第二新卒と呼ばれる人よりは実務能力が向上しているわけであり、就職先を探す上ではそういった面を全面的に押し出すことで他の人とは違う即戦力の人材であること武器に転職活動を行うことが可能です。年齢を理由に無理だと考えずに、就活者の中で自分だけがもっている能力に注目して自信をもって転職に臨みましょう。
【薬剤師 求人サイト】比較|求人探しに迷ったら

業界を跨ぐ転職について

転職,30代

転職というのは職場を変えることを意味します。しかし求人に応募する権利はありますが、全くの未経験の仕事において採用してもらえるかどうかは年齢に左右されるところがあります。特別な勉強や資格が必要な職種でなければ新卒は無条件に歓迎されます。業務経験が無くても業界になじみが無くても歓迎してもらえる特別な身分なのです。 しかし一度転職の道を選んだ場合は、中途採用という枠で勝負をしなければなりません。この中途採用というのは即戦力を前提とした求人ですので業界未経験者はそれだけで不利な立場に立たされます。しかしそれでも20代の若いうちであれば可能性を評価してもらえることもあるでしょう。しかし30歳を超えるとそのような採用も厳しくなるというのが現実なのです。 一般的に異なる業界にチャレンジできるのは35歳までであると言われています。それ以上の年齢になると未経験の職種では採用をちゅうちょしてしまうのです。同じ教えるにしても、若くてこの先長く働いてもらえる人に教えて行きたいと考えるのが普通の職場でしょう。もしもそれでも未経験を全く問題にしないとしたら、それは極めて多忙な職場である可能性が高いということが出来るでしょう。 158

更新履歴


このページの先頭へ戻る